転勤に伴ってマンションを貸すことになった

結果的には不動産という財産が自分の手元に残ったまま

結婚してすぐに家を購入 | 複数の不動産屋さんにお願いしました | 結果的には不動産という財産が自分の手元に残ったまま

借りてくださった方が退去されるときには、原状回復という形で、元の状態に戻してくださるとのことです。
ただ、冷蔵庫裏の電気焼けや、通常の生活傷など、経年劣化や通用の使用による汚損や破損については、だれが使っても汚れてしまうため、原状回復はしてもらえないとのことでした。
また、クロスなどの消耗品については、減価償却という考え方をするそうなので、張り替えたばかりであればクロスの価値が100%であることに対して、6年経過することによって、クロスの価値は1円になってしまうため、汚損破損があったとしても、その負担割合によって、原状回復を求めるそうです。
この原価償却の考え方や、グラフについては、国土交通省で決められているとのことでした。
売却してしまえば、面倒くさいこともないですが、その分、自宅マンションも他人のものになってしまいます。
当たり前っですが、貸すという行為は、汚されるというリスクは、賃料滞納のリスクはあったとしても、貸し方によっては、そのリスクも軽減され、結果的には不動産という財産が自分の手元に残ったままなので、転勤が終わった段階で将来的に戻ってくる際に、自宅があるという安心感と保険のようなものだと感じました。